制服ミニチュアリメイク専門店おもいでや > 学校 > 卒業式で先生に贈るお花の種類と価格相場は?先生への渡し方はこう!
卒業式で先生に贈るお花の種類と価格相場は?先生への渡し方はこう!

先生へ贈る花束

3月は卒業式のシーズンです。卒業式の日には、お世話になった担任の先生に感謝の気持ちを込めてお花を贈りたいのではないでしょうか。そこで、卒業式で担任の先生に贈る花の価格相場や花の種類と渡し方について紹介します。

 

卒業式で担任の先生に贈るお花

3月は卒業式のシーズンです。卒業式の日には、お世話になった担任の先生に感謝の気持ちを込めてお花を贈るクラスも多いのではないでしょうか。
卒業式ではスイートピーやカスミソウ、カーネーションや白いバラ、ダリアなどが人気があります。花にはそれぞれ花言葉があります。

  • スイートピーには優しい思い出
  • カスミソウには深い思いやり、あなたの親切に感謝
  • カーネーションには情熱
  • 白いバラには尊敬
  • ダリアには感謝

という花言葉の意味が込められています。
お花屋さんにお願いすれば、お花屋さんで卒業式で担任の先生に贈るお花としてピッタリなものを予算の範囲内で用意してくれますので安心です。

 

卒業式で担任の先生に贈るお花の価格相場

お世話になった先生にお花を贈りたいけれども、どれくらいの値段のお花を贈ったらいいのか迷う人もいるのではないでしょうか。お花の値段は1本100円ぐらいのものから500円ぐらいまで様々です。同じお花でも種類や等級、産地などによっても異なってきます。
卒業式で担任の先生に贈る花の価格相場は3000~5000円くらいのようです。小さめの花束なら2000円くらいから、大きめのお花なら5000円くらいでの価格帯のお花がよく出ているそうです。

また贈る花束のスタイルは、ブーケ風のものから、いかにも花束という感じのものまでいろいろあるそうです。花束の大きさは、一緒に先生に渡すプレゼントとの兼ね合いなどもあるようです。
クラス全員から先生にお花をプレゼントする場合、30人学級だと100円から150円くらいが多いと言われたりしています。先生に渡すプレゼントも含めて全部で一人300円ぐらいが多いようです。

 

お花の種類について

マーガレットの花束
卒業式のシーズンに出回っているお花で、比較的どこのお花屋さんにもあって先生に渡すのに人気のお花には、例えば、マーガレットやチューリップ、スイートピー、フリージアやアネモネやガーベラなどが挙げられます。これらはお値段も比較的お手頃なお花で人気があります。それぞれ金額は次のようになっています。

  •  マーガレット 1本当たりの価格 150~300円
  • チューリップ 1本当たりの価格 200~300円
  • スイートピー 1本当たりの価格 150~200円
  • フリージア  1本当たりの価格 150~300円
  • アネモネ   1本当たりの価格 100~200円
  • ガーベラ   1本当たりの価格 150~300円
      

予算などによってバラなどのもう少し高価なお花を加えたり、もう少しリーズナブルなお花を加えたりして、予算内に落ち着かせるように選んでもらえます。
また、今の時期お花屋さんにあるお花で花束に使われるようなお花には、他にもダリアやブルースター、カスミソウなどもあります。

 

お花の渡し方

お花を用意して渡す時に、誰が渡すかでもめるわけにもいきませんので、事前に決めておくようにしましょう。花束を渡すのは学級員などのクラスの代表者が渡すのがいいのではないでしょうか。花束は1つしかありませんので、クラスの生徒を代表する生徒が渡すのがすっきりと話がまとまるのではないでしょうか。その他に、プレゼントなどを渡すといった場合などもあればいろいろと事前に話し合って、まとまるところで話し合っておきましょう。

花束は卒業式が終わって、教室にもどった時に渡すとタイミング的にもいいかもしれません。式が終わって、先生も感慨深くなっているでしょうし、生徒からのサプライズでお花などを渡したら、先生も感動一塩ではないでしょうか。先生も生徒にとっても、ずっと残るいい思い出になるでしょう。その時に、花束にメッセージカードも添えておくといいですね。

 

まとめ

PAK86_sotugyousei15213941_TP_V
3月は卒業式のシーズンです。卒業式の日にはお世話になった担任の先生に感謝の気持ちを込めてお花を贈りたいのではないでしょうか。卒業式で担任の先生に贈る花は花言葉などを参考にするのも一つです。お花屋さんにお願いすれば、予算の範囲内で素敵な花束を作ってもらえます。

卒業式に担任の先生に渡すお花の値段は1本100円ぐらいのものから500円ぐらいまでが多くなっています。クラス全員で先生にお花をプレゼントする場合、3000~5000円くらいが相場といえます。先生に渡すプレゼントも含めて全部で一人300円ぐらいの場合が多いようで、小さな花束なら2000円くらいから、大きな花束は5000円くらいが相場といわれています。

花束は卒業式が終わって、教室にもどった時に渡すとタイミング的にもいいかもしれません、その時に、花束にメッセージカードも添えておくのもいいですね。先生にとっても生徒にとっても、きっと忘れられない思い出になるでしょう。

その他、オススメの贈り物

おもいでやでは、制服や部活動のユニフォームなどを、ミニチュアリメイクするサービスを行っております。

おもいでやでミニチュアリメイクした制服やユニフォームを、お世話になった先生に贈ってみませんか。

totop

 

 


フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

青春の思い出を残す!学生時代の思い出の残し方

学生時代は自分の人生の中で、本当に限られた時間であるということを、実は学生時代が・・・続きを読む

卒業式を欠席すると卒業証書は受け取れる?受け取り方は?

多くの人にとって、一生の思い出に残る卒業式。数年間の学校生活を締めくくる最後の日・・・続きを読む

卒業式での花粉症対策は?原因となる植物は何?

卒業式の時期がやってきましたが、同時に花粉症がひどくなる季節でもあります。 学・・・続きを読む

新着情報