制服ミニチュアリメイク専門店おもいでや > 学校 > 青春の思い出を残す!学生時代の思い出の残し方
青春の思い出を残す!学生時代の思い出の残し方

学生時代は自分の人生の中で、本当に限られた時間であるということを、実は学生時代が終わってから気づくことが多いのです。身分が学生ということで、社会的に保障をされていて、そして、将来をそこまで深く考えずに自由な時間を過ごすことが許されています。勿論、将来の夢に向かって、学生時代もひたすら進んでいる人もいるでしょう。けれども、人数の割合で考えるとそんなに多くはなく、やはり自分探しをしている段階の人がほとんどと言えます。

また、学生時代はまさに、青春そのもの。身も心もみずみずしさにあふれています。あなたは、そんな貴重で、若さにあふれている学生時代に何をしますか?漠然としていて、なんとなく時間を過ごしてしまっている人も多いはず。そんなもったいないことをしないでください。

学生時代の思い出の残し方を一緒に考えてみましょう。

. 部活で思い出を残す

学生時代を思い出に残す方法としては、何かに打ち込むということが早道です。打ち込むというのはそれだけでも清々しいものですが、部活には仲間がつきものです。一人ではなく仲間とともに打ち込むことができるのが部活です。これだけでも思い出深い時間になりそうですよね。

学生時代は、損得関係なくフラットにお友達と付き合いやすい時期。部活はいい悪いに関わらず、多くの友だちと長く時間を過ごすことが多くなります。そして、そのために仲良くできることも、ぶつかることも多いでしょう。大会などで優勝をするために、一生懸命練習したり、その目標に到達するために策を練ります。そして、その傍らには部活仲間がいます。つまり、部活には仲間がいて、そして目標があります。

山を越え、谷を越えて仲間と頑張ることができる部活は学生時代の華やかな思い出となります。何かしたい、でも見つからないという人はとりあえず何か少しでも興味がわく部活に入ってみてください。きっとそこから何かが生まれるはずです。

.アルバイトで思い出を残す

学生時代、職業を決める前に働くことができるアルバイト。貴重ですよね。大学生にもなればアルバイトの幅も広がり、引越しやなどの肉体労働系から、家庭教師、塾講師、飲食店勤務など様々な職種を体験することができます。まず、将来、自分はどんな職業につきたいか?ということの準備期間としてもアルバイトをすることはとても重要なことです。また、学生時代ならではの思い出を作るのにもとても役立ってくれます。

アルバイト先は、学校のように授業料を誰かに払ってもらって時間を過ごしていた暖かい居場所でなく、働いてお給料をもらえるからこその厳しい場所でもあります。それだけに、自分がアルバイト先で感じる楽しいことも辛いこともよりシリアスになります。そのために、アルバイトを通じての出来事はあなたの記憶に刻まれるでしょう。とてもいい勉強、そして思い出となります。

長期間、いつもと違う場所でアルバイトして、ちょっと特別な思い出を残したい人には、リゾートバイトがオススメです。国内のリゾート地、温泉地などでも休みの間は募集があります。けれども、宿泊費や食費もひかれることが多いので、少し安めのアルバイト料にはなりがちです。ただ、思い出作りという観点でとらえたら、とても有意義なアルバイトですよね。リゾートバイトでは、アルバイト仲間と寝泊まりも一緒にしたりするので友情も思い出も深まります。お友達同士でリゾートバイトを探すのも思い出作りとして、おすすめです。

3.旅行で思い出を残す

青春18切符や、学割など、学生には旅行にぴったりのお得な特権がいっぱい。そして、比較的時間もあるのが学生時代です。国内の旅行でしたら、小さな荷物で出かけることも可能です。ドラマのようなロマンスがあるかどうかはわかりませんが、日常から離れた旅の景色は、胸踊るものがあります。旅行は友達といってもよし、一人でいってもよしです。夏休みなどの長めの休みのときには、ぜひ、旅をしてみてください。違う言葉、違う場所、違う空気。楽しい思い出になりますよ。

古都京都なども寺社仏閣などが多くて、見どころ満載です。歴史を調べてから行くとより思い出深い旅行となります。

4.勉強で思い出を残す

やはり学生の本分は勉強。勉強で思い出を残すこともできます。「ええ?!勉強?」と思っているあなた、それではダメですよ。学生時代にしなくてはいけない勉強も思い出にしてしまいましょう。勉強は基本的には一人でするものですが、友達と図書館で一緒に勉強をしたり、問題を出し合ったり、協力して定期テストに臨むのも、勉強そのものが思い出深くなる上手な過ごし方です。恋愛中の人にも、デートに行ってばかりではなくて、相手の人と一緒にテスト勉強でもしてみてください。あまりドキドキしすぎると、かえって効率が落ちるかもしれないのですが、一緒に勉強した時間はとても思い出深いものとなります。

おわりに

思い出の作り方は、残し方は、実はあたり一面に転がっています。学生時代はとても多くの校内イベントもあるし、その気になればいろいろな楽しい経験をすることができます。今しかできないことに是非、心底打ち込んで、明るく楽しい学生時代の思い出をたくさん残してくださいね。


フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

卒業式を欠席すると卒業証書は受け取れる?受け取り方は?

多くの人にとって、一生の思い出に残る卒業式。数年間の学校生活を締めくくる最後の日・・・続きを読む

卒業式での花粉症対策は?原因となる植物は何?

卒業式の時期がやってきましたが、同時に花粉症がひどくなる季節でもあります。 学・・・続きを読む

卒業式直前でインフルエンザに。出席できるの?欠席する?

3月の卒業式の時期は、まだインフルエンが流行している最中です。 学校生活最後の・・・続きを読む

新着情報