制服ミニチュアリメイク専門店おもいでや > 学校 > 高校の卒業式での母親の服装は和服、洋服?服装の注意点は?
高校の卒業式での母親の服装は和服、洋服?服装の注意点は?

【高校の卒業式は、卒業式の中でも別格】

子供の成長のあかしでもある卒業式は、母親にとっては感慨深いもの。特に、高校を卒業すると、就職して社会人となったり、親元を離れて進学したりということも多く、親離れの時期でもあります。高校の卒業式は、これまでのどの式よりも、重みを感じるものではないでしょうか。

そんな大切な卒業式に付き添う時、お母さんはどんな服装がよいのか、かなり切実な悩みです。
そこでこの記事では、卒業式での母親の服装についてご紹介します。

 

【卒業式は和服、洋服?】

まず、和服にするか、洋服にするか、という選択肢があります。

最近では、着物のお母さんは少数派です。

当日の着付けも大変ですが、着物を着るとなると、足元からバッグ、髪型に至るまで、一切手を抜くことができないので、準備が大変、というのがその理由のようです。日ごろ着物を着ることが多い、あるいは、この機会に着物で、と思うなら、しっかり事前に準備を整えて、着物姿で付き添うお母さんは、とても素敵です。

卒業式に着る着物は、付下げ、訪問着、江戸小紋、背紋が入っている色無地といったところでしょうか。

着物選びで難しいのは、やはりどんな色にするか。黒地の着物は重々しい感じがして、また、柄によってはお葬式のようにも見えてしまうので、避けた方が無難です。

 

【洋服ではスーツが一番人気。カラーはどうする?】

コサージュ付きスーツ

洋服にする場合、一番多い服装は、スーツのようです。

スーツの場合も、気になるのはカラーです。一般的に、入学式は、明るめの色合いのパステルカラー、卒業式は、黒や紺、グレーなどの落ち着いたカラーという傾向があります。これは、卒業式が、おめでたい時であると同時に、お別れの時でもあるので、地味目の色を、ということのようです。また、高校の卒業式となると、母親たちがパステルカラーを着るのは抵抗があるという年齢になっていることもあって、やはり地味目の色が好まれます。

一番多いのは黒いスーツです。ただし、卒業式のためだけに黒いスーツを用意するのはもったいないと考えて、ブラックフォーマルを着用するのは避けた方がよいでしょう。女性のブラックフォーマルは、お葬式のイメージが強いので、あまりいい印象を与えません。コサージュやアクセサリーで雰囲気を変えようとしても、周囲に気付かれてしまいます。おめでたい式ですので、ブラックフォーマルではない、黒い服装にしましょう。

黒いスーツの場合は、インナーにレースやフリルのあるフェミニンなものにするとか、コサージュを付ける、明るい色のアクセサリーを付けるなど工夫をして、地味になりすぎないように気を付けたいものです。

黒以外では、紺やグレー、最近ではベージュや茶系のスーツも人気があります。

パステルカラーのスーツだと、靴やバッグを揃えるのも大変なですが、地味目カラーは、手持ちの靴やバッグを活用できることが多いので便利です。

 

【スーツの場合は、スカート、パンツ、それともワンピース?】

服装をスーツにした場合、パンツにするか、スカートにするか、またはワンピースにジャケットという組み合わせにするか、という選択があります。

最近では、ジャケットとパンツとスカート、あるいは、ジャケットと素材違いのスカート2種類、という組み合わせで、着回しのきくスーツもいろいろあります。購入の際には、卒業式以外の場でも活用できるものを選ぶことができます。特に、スカートが2枚あるスーツは、片方は華やかな印象で入学式用、もう片方は卒業式用にできるようなデザインになっています。

仕事を持っていて、会社ではバリバリのキャリアウーマンでも、卒業式でパンツスーツ姿のお母さんというのは少数派。女性らしいスカートが主流になっています。パンツスーツの場合は、かっちりしすぎないデザインのものや、素材の柔らかいものを選ぶなどの工夫が必要です。

ワンピースとジャケットという組み合わせのスーツも人気があります。ワンピースだと長時間着ていてもラク、というのも人気の理由になっています。

スーツではなく、手持ちのワンピースを活用したい、という人もいると思います。必ずしも、スーツになっていなくてもかまいませんが、ワンピースの上には、かっちりめのジャケットを合わせるのがよいようです。カーディガンを合わせるのは、普段着っぽく見えてしまうので、あまりおススメできません。

 

【意外に大切、寒さ対策】

寒さ対策グッズ

服装と同じくらい重要なポイント、それは寒さ対策です。卒業式のある3月は、急に冷え込む日が少なくありません。当日の天候に合わせて、厚めのストッキングを用意しておく、インナーを重ね着する、などの工夫が必要です。寒さ対策万全で臨んだら、式の会場の暖房がききすぎてという場合は、ジャケットを脱ぐことも考えられるので、家を出る前は、ジャケットを脱いだ状態でも大丈夫か、しっかりチェックが欠かせません。

 

【卒業式は、母親にとっても晴れの日】

あれこれ気を遣うことが多くて大変だけれど、高校の卒業式は、母親にとっても晴れの日です。ひと昔前と比べると、おしゃれなお母さんたちが増えて、卒業式での母親の服装もずいぶん自由化されています。せっかくの晴れ舞台、基本的なポイントを押さえながら、自分らしいおしゃれを楽しんで、子供に素敵なお母さんと思われるようにしたいものです。

 

 

totop


フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

青春の思い出を残す!学生時代の思い出の残し方

学生時代は自分の人生の中で、本当に限られた時間であるということを、実は学生時代が・・・続きを読む

卒業式を欠席すると卒業証書は受け取れる?受け取り方は?

多くの人にとって、一生の思い出に残る卒業式。数年間の学校生活を締めくくる最後の日・・・続きを読む

卒業式での花粉症対策は?原因となる植物は何?

卒業式の時期がやってきましたが、同時に花粉症がひどくなる季節でもあります。 学・・・続きを読む

新着情報