制服ミニチュアリメイク専門店おもいでや > 学校 > 卒業祝いの金額相場はいくら?渡す時期はいつ?
卒業祝いの金額相場はいくら?渡す時期はいつ?

そろそろ卒業シーズンです。親戚の子どもの卒業祝いはどうしよう、と頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。親戚の子どもが卒業するという場合、めでたく卒業を迎える子どもたちにお祝いをすることになります。そこで、小学校、中学校、高校、大学別に卒業祝いの金額と渡す時期についてご紹介します。

 

卒業祝いの相場は、5千円から

卒業祝いの金額は少なくても5千円からとなっているといえます。校種に応じて、3万円までということで考えておけばいいといえます。金額は、相手や自分の年齢に応じて決めましょう。入学祝いが重なる場合もまとめてこの金額で大丈夫だと言われています。
祖父母の場合には、奮発して3万円や5万円ということも少なくないのですが、これは特例と考えておけばいいといえます。叔父や叔母の立場や、友人や知人の子どもなどに贈る卒業祝いは相場の金額の範囲で十分と考えられています。

 

校種別の卒業祝いの金額の目安

お祝い金を包む場合、校種別に見る卒業式のお祝いは、概ね次のような感じといえます。

  • 幼稚園や保育園 :5千~1万円(渡す時期:3月初旬~卒業式の前、1週間前くらいまで)
  • 小学校      :5千~2万円(渡す時期:3月初旬~卒業式の前、1週間前くらいまで)
  • 中学校      :5千~1万円(渡す時期:3月初旬~卒業式の前、1週間前くらいまで)
  • 高校       :5千~1万円(渡す時期:卒業式の前、1週間前くらいまで)
  • 短大や大学、専門学校:1万~3万円(渡す時期:卒業式の前、1週間前くらいまで)

卒業祝は無くてもよいかもしれないという人も多く、入学祝いで渡すという人もいます。卒業祝いはごく内輪の行事と考えられていますので、家族や親戚の間だけで贈ることがほとんどだと考えられています。

大学などになると入学が決まってから優先して渡すという声も多くあります。節目にはお祝いをするのが日本人の習慣です。小学校を卒業するという場合は、5千~2万円くらいの金額をお祝いに渡すのが一般的といわれています。

また、就職するという場合は入社祝いや単にお祝いとして贈るということでいいと考えられています。しかし、このあたりについては、親戚の方やその保護者の人に相談するのがいいといえます。

 

卒業祝いを渡す時期について

3574c13e5c9a7f4047de8d83c650a913_s
卒業祝いは、3月初旬くらいから次の卒業式の前、1週間前くらいまでに贈るようにします。入学祝として渡す人もいますが、どちらか一方でいいと考えられています。渡す場合は本人に渡しても、保護者に渡しても良いと言われています。なお、卒業祝いと入学祝いをまとめる場合、入学が確定してから渡すようにしましょう。

 

卒業祝いを渡す時の注意点

受験をして入学する場合は、まだ受験が終わっていないのに渡してしまったということのないように注意しましょう。受験生には入学が確定してから贈るのがマナーといえます。その場合、渡すタイミングが少し難しいかもしれませんが、3月中に渡すようにしておくようにしましょう。

手渡ししたくてもタイミングが合わないという場合、タイミングを逃しても気持ちが大切です。子どもたちは頂いたものは基本的にありがたく喜んでくれるでしょう。ワンポイントメモなどを添えて渡すのもいいでしょう。
卒業祝いを贈る時には新札で贈るのがマナーです。紙幣が数枚になる場合は、4や9という枚数は避けるようにしましょう。4や9は縁起という意味で、昔からの習慣でお祝いなどの際には渡さないほうがいいと考えられている枚数です。

卒業祝いは自由に使える現金が一番喜ばれるようです。しかし、現金では味気ないという場合には、図書券や文具券といった学生らしい用途で使える金券などを贈るのもおすすめです。祖父母はやはり孫に甘くなりがちなので、品物で贈る場合はどうしても金額が高くなる傾向にあると考えられています。

しかし、友人や知人の子どもには卒業祝いを贈らない場合も失礼にはなりません。しかし、自分の子どもが卒業祝いをいただいた場合には、相手の子どもにも同じようにお祝いをするということが礼儀と考えられています。
卒業祝いを渡す場合には事前に卒業の日にちをきいておくことで、卒業式後に本人や保護者に渡したりできますが、遅れたとしても、卒業式から1週間以内に渡すようにしましょう。早めに渡しておく方が安心できます。

 

まとめ

62073d6cae882695d0777aba4adb305c_s
そろそろ卒業シーズンになります。親戚の子どもの卒業祝いはどうしようと、頭を悩ませている場合、お祝いの金額はミニマム5千円からとなっていることが多いといえます。小学校の卒業は2万円まで、短大や大学、専門学校などに進学する場合は3万円までの間、それ以外の校種なら1万円というのが相場です。渡す時期は3月に入ってから卒業式の1週間くらい前を目安に渡すのがおすすめです。卒業式の日にちは事前に確認しておくといいといえます。入学祝いで渡すという人もおり、卒業祝いを贈る時には新札で贈るようにしましょう。

 

 

totop


フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

関連記事

青春の思い出を残す!学生時代の思い出の残し方

学生時代は自分の人生の中で、本当に限られた時間であるということを、実は学生時代が・・・続きを読む

卒業式を欠席すると卒業証書は受け取れる?受け取り方は?

多くの人にとって、一生の思い出に残る卒業式。数年間の学校生活を締めくくる最後の日・・・続きを読む

卒業式での花粉症対策は?原因となる植物は何?

卒業式の時期がやってきましたが、同時に花粉症がひどくなる季節でもあります。 学・・・続きを読む

新着情報